産経ニュース

「淡路鉄道」の歴史振り返る 廃線から半世紀、洲本で写真展

地方 地方

記事詳細

更新


「淡路鉄道」の歴史振り返る 廃線から半世紀、洲本で写真展

大正から昭和にかけて島内を走っていた淡路鉄道の歴史を振り返る写真展=洲本市本町

 大正から昭和にかけて走っていた「淡路鉄道」の歴史を振り返る写真展「廃線から半世紀 懐かしの淡路鉄道展」が5日、洲本市本町の「ぎゃらりー&かふぇ ほっと」で始まった。洲本市教委などが所蔵する写真約40点が展示されている。

 淡路鉄道は大正11(1922)年に営業開始し、14年に洲本-福良間の全線(23・4キロ)が開通した。昭和23年には電化されて島民の足として活躍したが、自動車の普及などで昭和41年に廃線となった。

 会場では大正11年に初めて購入した蒸気機関車の前で記念撮影する関係者、最後の営業運転となった昭和41年9月30日に5色のテープに見送られる花電車、昭和30年代の各駅の風景など、44年間の歴史を振り返る写真が展示されている。

 南あわじ市八木国分の武川美幸さん(42)と蓮さん(10)は親子で訪れ、興味深そうに見学。鉄道好きという蓮さんは「おばあちゃんから電車があったことをおとぎ話のように聞いていたけど、写真を見て本当やったと思った」。戦前から電車通勤していた洲本市物部の女性(85)は「毎朝いっぱい人が乗っていた。納駅では売店で切符を売っていたのよ」と懐かしがっていた。

 10月18日までの土日のみ開催で、午前11時~午後5時。入場無料。問い合わせは若山さん(電)090・6202・1298。