産経ニュース

所沢の夫婦「エコキュートで健康被害」 製造業者らを提訴

地方 地方

記事詳細

更新


所沢の夫婦「エコキュートで健康被害」 製造業者らを提訴

 隣家に設置されたヒートポンプ式給湯器「エコキュート」が発する低周波音によって、不眠や吐き気などの健康被害を受けているとして、所沢市の60代の夫妻が18日、隣家の給湯器使用差し止めと給湯器製造業者らに約180万円の損害賠償などを求めて、さいたま地裁川越支部に提訴した。

 訴状によると、原告の隣家住人が平成26年12月中旬、自宅新築と同時に給湯器を設置。原告らは27年1月下旬から、給湯器の運転音により睡眠が妨げられ、頭痛や吐き気などの症状が出るようになったとしている。症状は現在も続いているという。

 原告代理人は「今回の訴訟をきっかけに、日本でもヨーロッパ諸国並みの低周波音に対する規制が設けられてほしい」と話した。給湯器製造業者は「訴状の確認ができていないので、コメントは差し控える」としている。