産経ニュース

「涼しさ」のおもてなし 善光寺で打ち水イベント

地方 地方

記事詳細

更新


「涼しさ」のおもてなし 善光寺で打ち水イベント

 猛暑が続く中で少しでも涼しさを感じてもらおうと、長野市の善光寺で5日、約110人の浴衣姿の女性たちが打ち水を行い、汗をぬぐいながら参拝する観光客にひとときの涼をプレゼントした。

 打ち水のイベントは、節電・省エネの県民運動「さわやか信州省エネ大作戦・2015夏」の一環として、長野商工会議所女性会や善光寺などが主催。暑さがピークを迎える時間帯に井戸水をまいて、涼しさを演出するとともに、観光客に信州の涼しさとおもてなしの心をアピールしようと、4年前から行っている。

 イベントが始まった午後1時の同市の気温は34・1度。環境問題の専門家でもある中島恵理副知事も浴衣姿で参加し、30分ほどかけて参道を歩きながら打ち水を行うと、本堂前の石畳の表面温度は10度も下がって44・1度になった。

 宮城県気仙沼市から家族旅行で訪れた佐藤春香ちゃん(12)、優香ちゃん(10)、里桜ちゃん(8)の姉妹も飛び入り参加し、「本当に涼しくなった。いい思い出ができた」と笑顔で話した。