産経ニュース

【戦後70年 千葉の出来事】成田闘争(上) さながら白昼の市街戦

地方 地方

記事詳細

更新

【戦後70年 千葉の出来事】
成田闘争(上) さながら白昼の市街戦

 「午後1時40分ごろだった。突然火炎ビンを持った過激派グループが2台のトラックで『ワーッ』と喚声を上げながら、第8ゲート付近から管理棟を目指して突っ込んできた」

 開港を間近に控えた成田空港(成田市)で昭和53年3月26日に発生した管制塔乱入・破壊事件。当時のサンケイ新聞(千葉版)は「さながら“白昼の市街戦”」の見出しとともに緊迫した現場の様子をこう伝えた。2枚の現場写真には、体に火が燃え移ったまま警官から逃げ回る過激派の男や管制塔の屋上からヘリで救助される管制官らの様子が映し出されている。

 「空港開港絶対阻止」を呼号する過激派はトラックから火炎瓶を投げつけるなどして空港突入を開始。地上での“攻勢”に警備が気を取られているうちに、一部のメンバーが京成空港駅(現東成田駅)のマンホールから地下道伝いに空港内へ侵入した。彼らはエレベーターなどで管制室などに乱入し管制機器などを破壊。ベランダに過激派の「戦旗」の赤旗を掲げた。

 この事件で、4日後に予定されていた開港は約2カ月先の5月20日に延期され、テロに政府が屈する形となった。過激派による暴力事件が相次いだ成田闘争の中でも、この事件が社会に与えた衝撃は大きかった。