産経ニュース

親鳥まねてスイスイ 大阪・吹田の公園にカルガモのヒナ

地方 地方

記事詳細

更新


親鳥まねてスイスイ 大阪・吹田の公園にカルガモのヒナ

 千里南公園(大阪府吹田市津雲台)の牛ケ首池(うしがくびいけ)で、カルガモに赤ちゃんが誕生し、親鳥をまねて小さな足で水をかきながら泳ぐ愛らしい姿が、公園を訪れた市民らの目を楽しませている。

 池には数年前からカルガモがすみつき、例年5月末~6月上旬にヒナが確認されていたが、今年は約1カ月以上遅れていた。

 同池で釣り堀を運営するNPO法人「南千里会」のスタッフが体長十数センチのヒナ7匹を確認した。同会代表理事の山元啓嗣さん(67)は「暑さに負けず、元気に育ってほしい」と話していた。