産経ニュース

サッカースタジアム建設 広島みなと公園が優位 知事ら一致、年度内に結論

地方 地方

記事詳細

更新


サッカースタジアム建設 広島みなと公園が優位 知事ら一致、年度内に結論

 サッカースタジアム建設をめぐる県、広島市、広島商工会議所の3者によるトップ会談が22日、広島市中区の広島商工会議所で開かれ、「広島みなと公園(南区)が優位」との認識で一致した。しかし、広島みなと公園のある宇品・出島地区が、港湾物流拠点になっていることを考慮し、さらに調査・検証を行ったうえで今年度内に結論を出すことになった。

 トップ会談には、湯崎英彦知事、広島市の松井一実市長、広島商工会議所の深山英樹会頭が出席。事務局の同市は、最終候補地として残った広島みなと公園と旧広島市民球場跡地(中区)に対する、検証作業部会の検証結果を報告した。

 湯崎知事は「検証結果から旧市民球場跡地は、多機能化・複合開発、スタジアムの規模に課題がある。広島みなと公園が優位と考える」と述べた。

 ただ、「最終判断にはさらに詳しい調査を行い、宇品地区を中心とする物流拠点の交通対策などを検討する必要がある」と指摘した。

 また、深山会頭と松井市長も同様の見解を示し、交通対策などの課題について、調査・検証を進めるべきだとの認識で一致した。事業主体についても概算事業費、資金調達、運営方法などを含め、専門的観点から引き続き調査を行って判断すべきだとした。