産経ニュース

施光恒氏、日本社会に警鐘 『英語化は愚民化』出版

地方 地方

記事詳細

更新


施光恒氏、日本社会に警鐘 『英語化は愚民化』出版

九州大学大学院准教授・施光恒さんの新著「英語化は愚民化」(集英社新書)

 九州大学大学院准教授の施光恒(せ・てるひさ)氏が、日本社会で英語化が進むのに警鐘を鳴らした新著『英語化は愚民化』(集英社新書、税込み821円)を出版した。

 同著では、英語公用語化が急進的に実現すれば、英語を話せるかどうかで国民は分断され、格差も固定化され、国民経済と民主主義が破壊されかねないと指摘する。その上で、英語を公用語とする「英語特区」の実現や、企業の英語公用語化に懸念を表明した。

 施氏は、今の日本語は先人の無数の営みで作られてきた賜であり、日本人としての常識、感受性を失わないためにも、英語化に踊らされるべきではないと訴える。7章構成で、254ページ。