産経ニュース

岩手中2自殺 いじめ調査、範囲を拡大 1年生時の被害示唆

地方 地方

記事詳細

更新


岩手中2自殺 いじめ調査、範囲を拡大 1年生時の被害示唆

 矢巾町(やはばちょう)の中学2年の村松亮君(13)がいじめを苦に列車に飛び込んで自殺したとみられる問題で、村松君が通っていた中学校の校長が15日、記者会見し、「(村松君へのいじめが)1年生から引き続いているという情報があり、範囲を広げてきちんと確認をしなければならない」と述べ、村松君が1年から継続していじめを受けていた可能性が高いことを初めて示唆した。

 当時の担任に提出していた村松君の生活記録ノートには「まるでいじめられるような気分でいやです。もうげんかいです」などと記されており、記者会見に同席した町教委の越秀敏教育長も「生活記録ノートの1年生の欄を見て、学校としても必要であると考えた」と説明。ノートの記述を参考に調査を進めていることを明らかにした。

 いじめがあったことを前提にした生徒らへの聞き取り調査は、これまで2年になってからが中心だった。