産経ニュース

イルカ漁への圧力に抗議 和歌山県議会が意見書可決

地方 地方

記事詳細

更新


イルカ漁への圧力に抗議 和歌山県議会が意見書可決

 県議会の6月定例会は26日、捕鯨やイルカの追い込み漁への不当な圧力に抗議し、鯨肉の食文化継承のための措置を国に求める意見書を全会一致で可決した。また、総額2870万円の平成27年度一般会計補正予算案など計23議案を可決・同意し閉会した。

 意見書では、捕鯨やイルカ漁について「資源管理と利用の考えのもと、合法的に行われている紀南地方の重要な漁業の一つ」と位置付け、「太地の人々が生きていくための重要な産業として、欠かすことができない」と強調。

 その上で、世界動物園水族館協会(WAZA)による日本動物園水族館協会(JAZA)への会員資格停止問題について、「イルカ追い込み漁はWAZAが言う残虐な漁業ではなく、何ら非難されることではない」として、漁の正当性を広く発信することを求めた。

 意見書ではそのほか、南極海での調査捕鯨の確実な実施や、鯨肉の食文化を継承するために学校給食向けに鯨肉を配分することなどを求める内容も盛り込まれた。

 定例会ではそのほか、紀の川市で2月に小学5年の男児=当時(11)=が刺殺された事件の再発防止策として、県への不審者情報の提供を県民の努力義務とする「県安全・安心まちづくり条例」改正案などが可決された。