産経ニュース

松山・子規記念博物館、入館者450万人を突破

地方 地方

記事詳細

更新


松山・子規記念博物館、入館者450万人を突破

 松山市立子規記念博物館(同市道後公園)の入館者が450万人を突破し、節目の入館者となった東京都八王子市の主婦、大石純子さん(65)に認定証などが贈られた。

 同館は昭和56年4月に開館。文学系の博物館として正岡子規らの作品や写真などを所蔵しており、開館から約34年2カ月で450万人を達成した。

 記念セレモニーでは、市教委の山本明弘教育長から認定証、竹田美喜館長から同博物館や松山城などに無料で入場できる記念パスポート、指定管理者であるレスパスコーポレーションの越智陽一専務から記念品が手渡された。

 大石さんは松山市出身で帰省中に訪れたといい、「来館は2回目。『坂の上の雲』のテレビドラマを見て、もう一度行こうと思っていた。450万人目と聞いて驚きました」と話していた。