産経ニュース

BRTダイヤ発表へ ターミナル、月内にほぼ完成 新潟

地方 地方

記事詳細

更新


BRTダイヤ発表へ ターミナル、月内にほぼ完成 新潟

 9月5日のBRT(バス高速輸送システム)開業に向けて、BRTと郊外バス路線やJRとの乗り換え箇所となる交通結節点(ターミナル)の整備が月内にほぼ完成する。一方、市は3回にわたる「反復型意識調査」を終えたが、いまだに回答者の6割が「反対」と答えるなど、一部市民の不満は「積み残し」されたまま。5日には運行事業者の新潟交通が運行ダイヤを公表する。

                   ◇

 BRT路線のJR新潟駅前-青山間で停留所は16カ所。うちターミナルは、新潟駅万代口▽新潟市役所▽白山駅▽青山-の4カ所。

 市によると、市役所ターミナルは本館と分館の間にある。BRT発着場所は新潟駅方面が本館側、青山方面は分館側にあり、いずれも屋根や風雪よけの強化ガラス、ベンチがほぼ完成した。分館側には待合室とトイレも併設される。郊外線バス停4カ所にも屋根ができる。接続する郊外線は、りゅーとリンク、女池線、長潟線、従来のルートを変える附船町線と湊町通線の計5線。乗り換えの距離は最長約70メートル、最短約10メートルという。

 青山は、イオン新潟青山店のある青山道下交差点の歩道沿いに、逆L字形でBRTの始発点と終点が作られる。郊外線との乗り換えは最長約90メートルあるが、屋根があるため雨に濡れる心配はなさそうだ。

 新潟駅万代口のBRT乗り場は現在のバスターミナルとタクシー待機場の間、降り場は現在の路線バス降り場と同じ場所を確保。郊外線バス乗り場は現在の場所を利用する。乗り降り場はほぼ屋根で覆われる。

 白山駅前広場は6月中旬に完成予定だ。BRT導入でバスが初めて駅前に乗り入れる。

 市は「どのターミナルでもコンパクトに移動でき、雨風に当たらないよう配慮した」と話す。ただ、ターミナル以外では不便さも残る。例えば、BRTを「万代」停留所で降りて、郊外線の松浜方面に乗り換える場合、横断歩道を渡り100メートル以上歩く必要がある。高齢者や障害者、子供連れなどの乗り換えの困難さも解消されていない。

 5月に集計された3回目の反復型意識調査で、回収320人(対象者689人)のうち「反対」がまだ199人いるなど市民の不満は消えていない。理由として「他に優先事業がある」30・5%▽「まちの活性化にならない」11・7%▽「事業の進め方に懸念・不満がある」10・3%-などを挙げた。