産経ニュース

佐貫駅を龍ケ崎市駅に改称へ 「29年4月目指す」市とJRが覚書

地方 地方

記事詳細

更新


佐貫駅を龍ケ崎市駅に改称へ 「29年4月目指す」市とJRが覚書

 JR常磐線佐貫駅の「龍ケ崎市駅」への改称を目指す龍ケ崎市は26日、JR東日本水戸支社との間で、改称時期を「平成29年4月を目指す」とする覚書を交わしたことを明らかにした。

 市では知名度を上げるため、市の玄関口である佐貫駅の改称を目指して庁内で検討を続けている。今月から市内4カ所で、市民の意見を聞くタウンミーティングを実施している。

 一方で、JR東日本水戸支社との間でも協議を続けており、今月19日には、駅名改称に向けた覚書を交わした。覚書には、平成29年4月の改称を目指すことや、来月に新駅名の候補を決めることなどが盛り込まれている。

 市では「龍ケ崎市駅」を第1候補にしており、駅名候補決定後は8月下旬から9月上旬に、正式な駅名と改称に必要な費用負担などを盛り込んだ協定を結ぶ予定だ。

 中山一生市長は「次のステージに入ることになった。費用負担は当初想定の半分程度の3億3000万円程度まで圧縮できるのではないか」と語った。