産経ニュース

女子中生をポルノ撮影 人身売買容疑で男2人逮捕 茨城

地方 地方

記事詳細

更新


女子中生をポルノ撮影 人身売買容疑で男2人逮捕 茨城

 県警生活環境課などは7日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春等目的人身売買)の容疑で、土浦市虫掛の風俗店経営、阿部健太郎被告(25)=売春防止法違反などで起訴=と、群馬県太田市岩瀬川町の会社員、桑名剛容疑者(38)を逮捕した。

 逮捕容疑は、2月21日、土浦市内のホテルで、県南地域に住む当時14歳で公立中3年だった少女(15)を、児童ポルノを撮影する目的で15万円で売買したとしている。同法違反で、撮影目的の人身売買の罰則を適用するのは全国初。

 生活環境課によると、阿部容疑者は無店舗型風俗店を経営しており、出会い系サイトなどで募った客を相手に少女に売春をさせていた。桑名容疑者はサイトを利用して、少女を阿部容疑者から買春したという。