産経ニュース

栃木・野木町「ふるさとプラン」 渡良瀬遊水地観光、サイクリングコース整備へ

地方 地方

記事詳細

更新


栃木・野木町「ふるさとプラン」 渡良瀬遊水地観光、サイクリングコース整備へ

 野木町は、地域資源を生かしたまちづくりの基本構想「水と緑と歴史のふるさとプラン」を策定した。ラムサール条約登録湿地の渡良瀬遊水地や国指定重要文化財「野木町煉瓦(れんが)窯」(同町野木)の活用を軸に、来訪者に町内を周遊してもらうためサイクリングコースの整備などを掲げている。

 プランの中心となるのは、町総合計画で「水と緑の歴史のまちづくり推進ゾーン」に位置づけられている町西部の渡良瀬遊水地を臨む思川周辺を中心としたエリア。

 昨年度に改修工事が終わった煉瓦窯や遊水地の植物を間近で見られる「のぎ水辺の楽校」、煉瓦窯に併設して設置する予定の「交流センター」などを拠点とした上で、定期的にイベントを開催して集客を図る。

 また、通行止めとなっている遊水地に通じる野渡橋を開通させ、煉瓦窯周辺の歴史資源エリアと谷中湖のアクセス向上を図る。これに伴い、隣接する小山市や栃木市、茨城県古河市と連携してレンタサイクル事業を展開するほか、JR野木駅西側のエリアを巡るサイクリングコースも整備。遊水地周辺の自然と歴史を楽しめるようにする。

 個別の計画・事業については、町の総合計画などと整合を図りながら進める。