産経ニュース

南ア市長に金丸氏が初当選 新庁舎「ノー」

地方 地方

記事詳細

更新


南ア市長に金丸氏が初当選 新庁舎「ノー」

 統一地方選の後半戦となる南アルプス市と富士吉田市の2市長選が26日投開票され、南アルプス市は新人が初当選し、富士吉田市は開票作業が深夜まで続いた。甲府市議選も同日、投票が行われ、開票作業が27日未明まで続いた。

                   ◇

 いずれも無所属の現職と新人による一騎打ちとなった南アルプス市長選は、市が進める新庁舎建設計画に反対する新人で元市議の金丸一元氏(66)が、建設計画を推進する立場で再選を目指した現職の中込博文氏(66)を破り、初当選を飾った。投票率は60・63%で前回選挙を0・58ポイント下回った。

 金丸氏は、新庁舎建設計画について、現庁舎の改修や支所の活用を訴え、建設よりも子育てや高齢者の支援、人口減少対策を優先すべきだと主張し、支持を得た。金丸氏は靴販売業などを経て、16年の市議選で初当選。市議3期目で市長選に出馬した。

 中込氏は、1期目の実績に財政健全化を挙げた。推進する立場の新庁舎建設計画については、合併特例債を活用できる現在、新庁舎と公共施設の統廃合で合理的な施設運営を目指すと主張。自然を生かした町づくりや農林業の6次産業化推進などを掲げたが、及ばなかった。

 当日有権者数は5万7119人(男2万7948人、女2万9171人)。

                   ◇

 ◇南アルプス市長選

               開票終了

 当   18109 金丸 一元 無新 

     16235 中込 博文 無現 

 

 金丸(かねまる) 一元(かずもと)66 〔1〕 

 元市議(靴販売業)立教大