産経ニュース

仙台徳洲会病院前殺人から3年… チラシ配り情報提供呼びかけ

地方 地方

記事詳細

更新


仙台徳洲会病院前殺人から3年… チラシ配り情報提供呼びかけ

 仙台市太白区の無職、武田忠さん=当時(60)=が同市泉区の病院駐車場の軽乗用車内で遺体で発見された殺人・死体遺棄事件は24日、発覚から3年を迎えた。泉署捜査本部は延べ3万人を超える捜査員を投入したが、解決に結びつく有力な情報にたどり着けていない。捜査本部は同日、市営地下鉄泉中央駅とJR東北線南仙台駅でチラシ計600枚を配布し、情報提供を呼びかけた。

 事件は平成24年4月24日午後2時ごろに発覚。同市泉区七北田の仙台徳洲会病院の駐車場で、通行人が武田さんの軽乗用車から煙が出ているのを見つけ通報。車内からは武田さんの遺体が発見された。顔や首に打撲痕があったため、県警は殺人・死体遺棄事件として捜査を開始。23日昼ごろまでは生存が確認されており、同昼から24日午後2時の間に死亡したとみられる。殺害現場は分かっていない。

 同署の佐々木泰斗志(やすとし)刑事1課長は「些細(ささい)な情報でも事件解決に結びつく可能性がある。寄せられた情報などを基に捜査し、犯人逮捕につなげたい」と話した。

 情報提供は、泉署捜査本部(電)022・375・7171。