産経ニュース

3町村長選で舌戦 群馬

地方 地方

記事詳細

更新


3町村長選で舌戦 群馬

 統一地方選後半戦の町村長選と町村議選が21日告示され、5日間の舌戦が始まった。吉岡町長選は現新、明和町長選は新人2人、榛東村長選は現元の一騎打ちの選挙戦となった。嬬恋村長選は現職、神流町長選と川場村長選はそれぞれ新人が無投票当選を果たした。13町村議選と神流町、榛東村の両補欠選挙には、計179人が立候補し、甘楽町議選と神流町議補選は無投票となった。投票は19日告示の市長選、市議選とともに26日に行われ、即日開票される。

                   ◇

 ◆吉岡町長選

 吉岡町長選は、いずれも無所属で、新人の金谷重男氏(61)と現職の石関昭氏(74)の対戦となった。

 金谷氏は同町大久保の選挙事務所で第一声。「東京から100キロの地の利を生かさなければ、町は倒壊する」と強調し、関越自動車道駒寄スマートインターチェンジの大型車乗り入れを見据えた企業誘致などを訴えた。

 石関氏は午前9時ごろ、同町南下の選挙事務所で出陣式、午後は事務所開きを行った。中学生までの医療費無料化など2期8年の実績を掲げ「町を一歩でも前に進める施策を行う」として防災公園の整備などに注力すると訴えた。

 ◆明和町長選

 恩田久前町長の病気辞職に伴う明和町長選は、いずれも無所属新人の元町議、冨塚基輔氏(57)と斎藤一夫氏(46)の一騎打ちとなった。

 恩田町政の継承を訴える冨塚氏は早朝、同町梅原の三嶋神社で必勝祈願。午前9時半から同町中谷の選挙事務所で開いた出陣式で、「活性化事業を推進し、増えた税収を教育、福祉に活用する」などと力を込めた。

 町政刷新を掲げて立候補した斎藤氏は必勝祈願後、午前9時前に同町新里の選挙事務所で出発式。支持者らを前に、「開かれた町づくりを行い、クリーンな町政を行う」などと訴え、午後7時からは選挙事務所で出陣式に臨んだ。

 ◆榛東村長選

 榛東村長選はいずれも無所属で、元職の真塩卓氏(68)と再選を目指す現職の阿久沢成実氏(72)が立候補。350票余の差となった前回と同じ顔ぶれとなった。

 真塩氏は午前7時から同村新井の大山祇神社で必勝祈願。その後、同村広馬場の選挙事務所で出陣式に臨み「今の村行政に透明性があるのか。透明性を図り、国保税の引き下げなどの政策を実現していきたい」などと訴えた。

 阿久沢氏は午前9時から同村山子田の常将神社で必勝祈願、9時半から同所の選挙事務所で出陣式を行い第一声。「村民の幸せを願い4年間突っ走ってきた。財政的にも厳しい中、後世に成果を残していく」などと力を込めた。

                   ◇

 ◆町村長選立候補者(届け出順)

 ◇吉岡町

 金谷重男(かなや・しげお) 61 無新

 農業(町議・高校教諭)高崎経済大院

 石関昭(いしぜき・あきら) 74 無現〔2〕

 町長(町議・会社員)高崎商高中退

 ◇明和町

 冨塚基輔(とみづか・もとすけ) 57 無新

 会社役員(町議・会社員)館林高

 斎藤一夫(さいとう・かづお) 46 無新

 学習支援業(町議・会社員)専門学校

 ◇榛東村

 真塩卓(ましお・たかし) 68 無元〔2〕

 農業(村長・村助役・高崎財務事務所長)前橋工高

 阿久沢成実(あくざわ・なるみ) 72 無現〔1〕

 村長(村議・飲食店経営)勢多農林高

                   ◇

 ◆神流、嬬恋、川場は無投票

 神流町長選は無所属新人の元町議会議長、田村利男氏(60)以外に立候補の届け出がなく、田村氏が無投票で初当選を果たした。

 旧万場町長を2期、神流町長を3期務めた宮前鍬十郎氏の引退表明を受けて立候補を表明。高齢者らへの福祉対策、人口減対策、介護職員の確保対策などに力を入れるとしていた。

 嬬恋村長選は無所属現職の熊川栄氏(67)以外に立候補の届け出がなく、前回に続く無投票で、熊川氏が3選を決めた。

 熊川氏は平成19年に現職の町長を破り初当選。村の財政健全化や学校再編で手腕を発揮し、昨年12月、立候補を表明していた。上信自動車道の整備促進などに取り組むとしていた。

 川場村長選は、無所属新人で元村議の外山京太郎氏(51)以外に立候補の届け出がなく、外山氏が無投票で初当選を決めた。

 元村議会副議長の外山氏は今年1月、若者の定住促進と子育て環境の整備や健康で生きがいのある村づくり、鳥獣害対策の推進などを公約に掲げ、立候補を表明した。

                   ◇

 ◇神流町長選

 田村利男(たむら・としお) 60 無新〔1〕

 会社顧問(県町村議会長・町議)中学

 ◇嬬恋村長選

 熊川栄(くまがわ・さかえ) 67 無現〔3〕

 村長(会社役員・衆院議員秘書)中大

 ◇川場村長選

 外山京太郎(とやま・きょうたろう) 51 無新〔1〕

 団体役員(村議・森林組合職員)利根農林高

                   ◇

 《名鑑の見方》氏名、年齢、公認政党、新旧、〔 〕数字は当選回数。代表的な肩書、( )内は主な経歴、最終学歴-の順。年齢は投票日基準。党派略称は公=公明、共=共産、無=無所属。