産経ニュース

天神・博多・湾岸地区、新型連節バスで循環 福岡市と西鉄が32年度運行目指す

地方 地方

記事詳細

更新


天神・博多・湾岸地区、新型連節バスで循環 福岡市と西鉄が32年度運行目指す

福岡都心にお目見えする連節バス(西日本鉄道提供)

 福岡市と西日本鉄道は16日、既存のバス2台分をつないだような形状の連節バスを、市中心部と湾岸地区に循環させると発表した。商業施設が集まる天神、博多と、再開発が進む博多港国際ターミナル(ウォーターフロント地区)を循環する。新型バスに加え、専用レーン設置も検討する。平成28年度にテスト運転を始め、32年度の本格運行を目指す。

 西鉄が定員130人のスウェーデン製車両を購入する。1台1億円弱という。バス停は天神▽博多港国際ターミナル▽博多駅など10カ所程度に絞り、市が約3億円で整備する。

 28年度に2台を導入し、テスト運行で安全性などを確認する。32年度には15台態勢とし、10分間隔で運行する。

 西鉄によると、利用者に分かりやすいよう、運賃は定額制を軸に検討している。利用者は年間1万5千~2万人を想定している。

 連節バスが走る専用レーンも検討する。さらに、周辺のバス路線の再編を進め、マイカー用駐車場を整備することで、連節バスの運行をスムーズにし、バス高速輸送システム(BRT)を構築する。

 福岡市中心部は慢性的な渋滞が課題となっている。市などは渋滞を緩和することで、乗降客が九州一多い博多駅と、クルーズ船などが発着し国際会議が多く開催されるウォーターフロント地区、商業地の天神の回遊性を高めようと、新たな交通体系について議論を続けてきた。

 この中では、LRT(次世代型路面電車システム)なども挙がっていたが、導入や運行コストが安いBRTに軍配が上がった。

 記者会見した高島宗一郎市長は「福岡が九州の成長エンジンであるためには、交通アクセスの整備は欠かせない。3地点を結ぶ渦を、九州の中心にしたい」と述べた。