産経ニュース

帰って来たぞ!怪獣酒場 15日再開業、常設店に 神奈川

地方 地方

記事詳細

更新


帰って来たぞ!怪獣酒場 15日再開業、常設店に 神奈川

 川崎駅前の人気スポットが早くも“復活”-。ウルトラシリーズの怪獣をテーマに昨年3月から1年間限定で営業し、先月31日に閉店した「怪獣酒場」(川崎市川崎区)が15日、「帰ってきた怪獣酒場」と店名を変えて再開業する。今回は常設店となり、ウルトラファンがゆっくりと集える憩いの空間となりそうだ。

                   ◇

 同店を企画・運営するベネリック(東京)によると、怪獣酒場には昨年3月14日の開業以来、約1年間で約7万7千人が訪れた。メーンターゲットは40~50代の男性だったが、女性客も多かったという。

 予約席は店内一部に限られていたため、連日行列が絶えず、週末には3時間待ちも。同店を訪ねるためだけに地方から来たファンもおり、「想像以上のお客さまにご来店いただいたが、終始混雑している状態でご迷惑もかけた。常設店とすることで長期にわたって『怪獣酒場』を楽しんでいただきたい」(同社広報)と再開業を決めた。

 再開業を控え、現在店内の内装の一部を変更し、食事も新たなメニューを用意する。同店の“店長”を務めるバルタン星人は公式ホームページ(HP)で「『川崎・怪獣酒場』を一刻も早く再解放すべきと決定した。メニュー、内装ともにより洗練された姿を見せようではないか」とコメントを寄せている。

 怪獣酒場を2度訪れた東京都渋谷区の男性会社員(53)は「私は『ウルトラ』が社会現象となった中で育った世代なので、怪獣酒場が引き続き営業続行となったことを大歓迎している。もちろんまた行きます」と話している。

 5人以上は予約でき、午後1~6時に同店(電)044・210・5565に電話する仕組みとなっている。店舗情報は公式HP(http://www.kaiju-sakaba.com/)。(古川有希)