産経ニュース

九州から「ダイエー」姿消すことに

地方 地方

記事詳細

更新


九州から「ダイエー」姿消すことに

 イオングループのイオン九州とマックスバリュ九州は9日、九州にあるダイエー38店舗を9月1日付で引き継ぐ基本合意を締結したと発表した。38店舗は順次、イオンやマックスバリュに切り替え、今年度中にも九州から「ダイエー」が姿を消す。

 ダイエーショッパーズ福岡店(福岡市中央区)やダイエー西新店(同市早良区)など総合スーパー系の24店舗をイオン九州が、グルメシティ雑餉隈(ざっしょのくま)店(同市博多区)など14店舗はマックスバリュ九州が承継する。

 引き継ぎによって、九州のイオン系店舗は計298店となり、売上高は4500億円を超える見込み。物流の効率化や、各地の顧客ニーズに合わせた品揃えなど、地域密着経営をさらに進めるという。

 福岡市内で記者会見したイオン九州の柴田祐司社長は「単なる再編ではなく、九州のお客様に独自に対応できるイオンに、新たに生まれ変わるよう努力したい」と語った。