産経ニュース

「やわらぎの手帳」優遇サービス拡大 奈良・王寺町

地方 地方

記事詳細

更新


「やわらぎの手帳」優遇サービス拡大 奈良・王寺町

 高齢者の外出を促進しようと、王寺町が70歳以上の町民や身体障害者手帳の所持者などに交付している「やわらぎの手帳」が、4月1日から優遇サービスを拡大する。

 「やわらぎの手帳」は、提示すれば町内の公共交通機関を割安で利用できる手帳で、同町が平成6年から交付。バスとJR西日本や近鉄電車などの電車、タクシーの3種類から1つを選ぶことができ、これまで手帳を交付された高齢者は、70歳以上の町民(昨年時点)の87%に相当する4251人に上るという。

 4月1日から新たに導入されるのは、JR王寺駅直結の商業施設「リーベル王寺」東館に入る23の飲食店や専門店での割引や、「信貴山観光ホテル」(三郷町)や「虹の湯 西大和店」(上牧町)で入浴料が最大300円割引されるサービスなど。「ピザポケット王寺店」(王寺町)では配達による注文で、500ミリリットル飲料水1本が無料になる。

 雪丸のイラストとともに「優待店舗」と表示されたプレートが、サービス提供店。これらの割引料金は町ではなく参加店舗が負担しており、植野善信・福祉介護課長は「多くの店舗に協力してもらい、本当にありがたい。これからも高齢者の方には元気に外出し、健康な暮らしを送ってほしい」と話した。