産経ニュース

京都動物愛護センター完成 女優・杉本彩さん名誉センター長に

地方 地方

記事詳細

更新


京都動物愛護センター完成 女優・杉本彩さん名誉センター長に

 捨てられた犬や猫などを収容する「京都動物愛護センター」が京都市南区に完成し、29日、施設内覧会が行われた。名誉センター長には女優の杉本彩さんが就任。4月1日にオープンする。

 府と同市は昨年12月に全国初の「京都動物愛護憲章」を制定。動物の殺処分ゼロを目指し、動物愛護事業に取り組んでいる。

 同事業の一環で整備されたセンターは、木造平屋建ての事務所(延べ床面積470平方メートル)と、鉄筋コンクリート平屋建ての動物棟(同710平方メートル)の2棟で構成。

 「ドッグラン」を併設し、動物棟には犬舎や猫舎のほかに動物診療施設、トリミングルームも備えている。

 施設では収容した動物の譲渡や感染症に関する情報発信、災害発生時の保護などを行い、会員登録をすれば施設の一部を有料で利用できる。

 市によると平成25年度に市内で引き取られ殺処分されたのは犬24匹、猫938匹で、将来的にはゼロを目指している。

 内覧会には門川大作市長や杉本さん、市獣医師会のメンバーらが参加。門川市長は「徹底的に命を大切にする京都にしたい」。杉本さんも「人と動物が安心して共生できる街になれば」と期待を込めた。