産経ニュース

「天空の城」空を飛ぶ 但馬空港にラッピング航空機就航

地方 地方

記事詳細

更新


「天空の城」空を飛ぶ 但馬空港にラッピング航空機就航

 「天空の城」として知られる国史跡・竹田城跡(朝来市和田山町)の写真を機体にラッピングした日本エアコミューター(JAC)の航空機が25日、但馬空港(豊岡市)に初めて来航し、但馬の観光スポットである雲上に浮かぶ城跡をアピールした=写真。

 ラッピングは、但馬の各市町や団体でつくる但馬空港推進協議会が、但馬空港の利用促進や但馬の観光PRのため、JACの協力で実現した。機体は22日から大阪~但馬、福岡~出雲、鹿児島~松山など西日本の19路線で運航している。

 機体右後方に縦1・5メートル、横2・8メートル、左前方に縦40センチ、横70センチの大きさで、竹田城跡の上に「ようこそ、但馬へ」と歓迎の言葉を入れた図柄。

 但馬空港へは25日午後5時40分、大阪からのビジネスマンや観光客ら22人を乗せて着陸した。