産経ニュース

【野球の虫 頑張れルーキー】D1・中村奨吾選手 静かな闘志…充実 千葉

地方 地方

記事詳細

更新

【野球の虫 頑張れルーキー】
D1・中村奨吾選手 静かな闘志…充実 千葉

 プロ野球・千葉ロッテマリーンズのドラフト1位ルーキー・中村奨吾選手(22)は攻・走・守の三拍子そろった内野手で、新人ながらオープン戦に二、三塁手として11試合出場し、打率3割2分を記録する大活躍をしている。身長180センチ、体重79キロの恵まれた体格に精悍(せいかん)な顔立ちは次世代スターの素質も十分だ。自称「人見知り」で物静かな印象だが、当面の目標とする1軍定着に向け、闘志を燃やしている。

 本人は「自分では特にバッティングが特別いい選手ではないと思っている。全ての面でバランス良くアピールしていく必要がある」と好成績にも慢心はない。

 兵庫県三木市出身。甲子園球児だった父の影響で7歳のとき野球を始めた。父の母校でもある天理高校(奈良)に進み、甲子園にも出場した。

 早稲田大では主将を務めた。4年時の六大学野球では春・秋ともに2位だった。「悔しかったが、あのとき優勝していたらどこかで満足してしまったかもしれない。プロの世界でも経験は生きる」と前を向く。

 一芸に秀でた選手より、万能の選手に思い入れがあるといい、チームメートになった井口資仁選手は子供のころからのあこがれの選手だ。同じプロの世界に入り、「プレーの一つ一つの精度が高い」とレベルの高さに驚きを隠さない一方、「毎日野球のことを考える生活でとても充実している。『頑張ってついていこう』と思う」と挑戦を楽しんでいる。

 マンガは読まない。ゲームもしない。休みの日は外出も買い物くらいで、じっくりと疲労の回復に努めるという「野球の虫」。一番の癒やしは旧友との時間だ。特に大学時代に野球部で苦楽を共にした仲間たちとは、時間があれば食事に行くなどしているという。「石垣島での春季キャンプに、大学野球部の仲間が応援に来てくれた。慣れない環境で苦労していたので、とてもリフレッシュできた」

 好きな食べ物は焼き鳥。「味付けは塩。お酒は苦手なので食べる専門」と笑顔をみせる。

 「ロッテファンの皆さんの声援は熱い。他の球団と比べてもすごいと思う」と話す。その熱い声援が、背番号23に注がれる日は近い。(林修太郎)

                    ◇

 プロ野球はもうすぐ開幕。マリーンズ期待の「ドラ1」ルーキー、中村選手の今シーズンの奮闘を連載でお伝えします。