産経ニュース

国連防災世界会議 オランダ王女ら仙台の被災地視察

地方 地方

記事詳細

更新


国連防災世界会議 オランダ王女ら仙台の被災地視察

 国連防災世界会議出席のため来日しているオランダのマルグリット・フランチェスカ王女は16日、仙台市若林区の被災地を訪れ、復興状況を視察した。

 リリアンヌ・プルメン外国貿易・開発協力大臣や、奥山恵美子仙台市長も同行。津波で4階建て校舎が損壊した市立荒浜小学校では、校舎内部を見て回ったほか、屋上から海岸沿いを見渡した。

 津波で農地が被災した同区荒井笹屋敷の農事組合法人「クローバーズファーム」では、同法人の細谷滋紀(しげのり)代表理事(45)の案内で、トマトの栽培ハウスを視察。震災後4年で復興したことについて「すばらしい。驚きました」と話していた。