産経ニュース

廿日市市立浅原小140年の歴史に幕 児童ら別れ惜しむ

地方 地方

記事詳細

更新


廿日市市立浅原小140年の歴史に幕 児童ら別れ惜しむ

 4月から別の小学校と統合する廿日市市浅原の市立浅原小学校で15日、閉校式が行われ、児童や地元住民らが別れを惜しむ中、創立以来140年の歴史に幕を閉じた。廿日市市内では、同様に長い歴史を誇る市立玖島小学校でも22日に閉校式が行われる。

 浅原小は明治7年、村落学校「正誠舎」として創立され、市町村合併などでのたびたびの改称を経て、平成15年から現在の校名となった。昭和30年代には児童約280人が在籍したが、過疎化に伴う人口減少で現在は16人に。在校生は、4月から統合する約6キロ離れた市立津田小に路線バスで通うことになる。

 閉校式は浅原小体育館で行われ、児童16人全員と保護者、地元住民ら約330人が出席。式辞で、真野勝弘市長が歴史を振り返り「輝かしい業績と誇りを胸に、津田小でも元気で楽しい学校生活を送ってください」と児童らを励まし、新見忠昭校長もはなむけの言葉を贈った。

 これに対し、児童が全員で楽しかった野外活動や運動会、学習発表会などを振り返りながら、学校や地元住民らに感謝の気持ちを述べ、新見校長らと作った曲「浅原ありがとう」と校歌を合唱した。

 地元住民主催の「思い出を語る会」も催され、児童それぞれが学校での一番の思い出を述べ、毛筆で書いた将来への決意を披露。地元の中、高校生らと一緒に踊りなども披露し、楽しい一日を過ごした。

 6年生の乾晶瑛君(12)は「学習発表会が一番の思い出。閉校は寂しいが、時々、遊びに来たい」と話していた。