産経ニュース

足利日赤病院跡地を足工大に無償譲渡

地方 地方

記事詳細

更新


足利日赤病院跡地を足工大に無償譲渡

 足利赤十字病院(小松本悟院長)と足利工業大(牛山泉理事長)は、旧足利日赤病院跡地(足利市本城など)を同大に無償譲渡することで基本合意した。同大は3年後を目途に、主に看護学部の校舎として活用する。

 譲渡されるのは土地約8500平方メートルと、6~8階建ての建物3棟(延べ床面積約2万5千平方メートル)。同病院は平成23年、同市五十部町に移転しており、昨年夏に大学側が譲渡を申し入れ、協議していた。月内にも契約を結ぶ予定。譲渡後、大学側が2棟を解体し、1棟を看護学部や工学部の校舎として整備する。