産経ニュース

仙石線、快速を廃止 全線開通に合わせダイヤ改正 宮城

地方 地方

記事詳細

更新


仙石線、快速を廃止 全線開通に合わせダイヤ改正 宮城

 JR東日本仙台支社は26日、東日本大震災で被災し、一部区間が不通となっている仙石線が5月30日に全線開通することに合わせてダイヤ改正すると発表した。全線開通に伴って、東北線に乗り入れる「仙石東北ライン」が開業し、新たな快速列車を運行。あおば通(仙台市)-高城町(松島町)間の快速列車は廃止される。

 仙石東北ラインは、東北線と仙石線の間に新設した接続線を通り、東北線仙台駅と仙石線石巻駅をつなぐ。仙台-石巻間で特別快速と快速列車を合わせ上下28本運行する。特別快速列車は同区間を52分で結び、震災前の仙石線と比べ、10分程度の時間短縮となる。

 仙石線で不通となっている高城町(松島町)-陸前小野(東松島市)間が5月30日に運転再開。高城町-石巻間は、仙石線と仙石東北ラインを合わせ、震災前と同じ上下66本の運転本数となる。

 仙台-石巻間の移動時間の短縮を仙石東北ライン、各駅停車による仙台近郊での利便性の向上を仙石線が担うことになる。

 仙台市青葉区の仙台支社で会見した松木茂支社長は「新しい輸送サービスを、できるだけ早く周知させていきたい」と述べた。

 仙石線の全線開通に伴い、現在、東北線と石巻線経由で運転している仙台-石巻間の直通快速列車は5月29日で運行を終了する。