産経ニュース

コウノトリ野外産卵第1号 兵庫

地方 地方

記事詳細

更新


コウノトリ野外産卵第1号 兵庫

(県立コウノトリの郷公園提供)

 県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は25日、同市野上の人工巣塔で、野外コウノトリの産卵を確認したと発表した。今シーズン、野外で産卵が確認されたのは初めて。

 親鳥はいずれも豊岡生まれの雄(8歳)と雌(11歳)。このペアは2月に入り、同公園付属のコウノトリ保護増殖センター敷地内の自然木で巣づくりを始めたが、今回昨年まで繁殖していた巣塔で産卵した。平成20年から8年連続の産卵となる。順調にいけば、ひなの誕生は3月末ごろになりそうだ。