産経ニュース

城北公園の「デゴイチ」、SLのまち栃木・真岡へ 今秋にも移送・展示

地方 地方

記事詳細

更新


城北公園の「デゴイチ」、SLのまち栃木・真岡へ 今秋にも移送・展示

栃木県真岡市が譲り受けることが決まったD51形蒸気機関車「デゴイチ」=静岡市葵区の城北公園(真岡市提供)

 静岡市は9日、城北公園に展示されている「デゴイチ」の愛称で知られるD51形蒸気機関車(SL)を、「SLのまち」を打ち出している栃木県真岡市に無償譲渡すると発表した。両市は3月中に譲渡契約を結ぶ。D51は今秋にも城北公園から真岡駅まで移送され、真岡鉄道真岡駅前の施設に展示される予定。

 D51は、老朽化のため平成24年に解体が決まったが、「何とか保存してほしい」との声を受けて市は方針を撤回し、引き取り先を公募した。いったん民間会社への譲渡が決まったが、同社は資金難を理由に辞退してしまった。その後、静岡市では、城北公園での展示を続けながら、水面下で引き取り先を探した。最終的に「SLのまち」を打ち出す真岡市に白羽の矢を立て、交渉を重ねてきた。

 同日の臨時会見で田辺信宏市長は「2年越しの懸案がハッピーエンドになった。一番安定した団体に譲渡できたと喜んでいる。先方も思い入れを持っているので、大切に扱ってもらえると思う」と満面の笑みで報告した。