産経ニュース

長野県副知事に太田、中島両氏 2月県会提案、加藤氏は退任へ

地方 地方

記事詳細

更新


長野県副知事に太田、中島両氏 2月県会提案、加藤氏は退任へ

 阿部守一知事は6日、副知事に県総務部長の太田寛(ゆたか)氏(58)、元県温暖化対策課長で上智大大学院准教授の中島恵理氏(42)=富士見町=を起用する方針を固めた。3月10日に任期を迎える加藤さゆり副知事(55)は退任する。阿部知事は昨年9月、任期満了で和田恭良元副知事が退任した後、来年度から副知事2人態勢に戻すとしていた。18日開会の2月定例県議会に太田、中島両氏の副知事人事案を提出する。

 太田氏は安曇野市出身。京大法学部卒業後、県庁に入り、生活環境部長、企画局長、商工労働部長などを歴任し、昨年4月から現職。和田元副知事の後任的役割で県組織のとりまとめにあたる。

 中島氏は京都市出身。京大法学部卒業後、環境庁(現環境省)に入り、平成23年4月から温暖化対策課長を務め、「県環境エネルギー戦略」の策定や県地球温暖化対策条例の改正に大きな役割を果たした。