産経ニュース

南武支線に新駅、街づくり連携 川崎市、JR東と協定締結

地方 地方

記事詳細

更新


南武支線に新駅、街づくり連携 川崎市、JR東と協定締結

 川崎市とJR東日本は29日、市中心部と臨海部を結ぶJR南武支線での新駅建設や、子育て支援施設の設置を進めることなどを盛り込んだ包括連携協定を締結した。昭和62年の国鉄民営化後、JR東日本が自治体とこうした街づくり全般にわたる協定を結ぶのは初めて。

 協定は、市内の地域と鉄道の持続的な発展に向けて連携・協力を推進するため、(1)鉄道と沿線ブランドの向上(2)地域の暮らしの安全・安心の向上(3)低炭素化・スマート化(4)公共交通の利用促進が4本柱。

 新駅は、JR南武支線の川崎新町-浜川崎駅間(約2キロ)、同市川崎区の小田栄地区に設置。同地区は新たに商業施設やマンションなどの建設が進んで人口が増えており、利便性を向上させる。駅名は「小田栄駅」(仮称)で、平成27年度の開業を目指す。

 新駅設置により、小田栄地区から新宿までの所要時間は9分短縮され48分になる。1日の乗降客数は約3500人を見込んでいる。

 また、「待機児童解消」を目指す同市の保育環境の充実を図るため、現在改装が進むJR川崎駅の駅ビル内に子育て支援施設を27年度中に開設するほか、JR線高架下の土地を有効活用し、保育所の設置も進めていく。

 これまで同市とJR東日本は、駅周辺の保育園開設や南武線への大型車両導入などで協力してきたが、今回の協定締結により両者の協力は個別のものから、JR沿線の市全域へと広がる。

 同日の協定締結を終えた福田紀彦市長は「協定に基づき、1+1を3にも4にもし、質の高い街づくりをしていきたい」と述べ、JR東日本の平野邦彦・横浜支社長は「これまで以上に市との連携を深め、利便性が高い魅力ある街づくりを実現していきたい」と話した。