産経ニュース

個人情報不正照会、住居侵入、捜査書類偽造… 埼玉県警、2人免職、1人停職

地方 地方

記事詳細

更新


個人情報不正照会、住居侵入、捜査書類偽造… 埼玉県警、2人免職、1人停職

 県警は23日、捜査を装って女性の個人情報を不正に照会したり、捜査書類を偽って作成したなどとして、警察官2人を懲戒免職、1人を停職6カ月とする処分を同日付で行った。

 監察官室によると、岩槻署刑事課の男性警部補(59)=懲戒免職=は平成22年2月~26年6月、捜査に必要などと偽り、知人女性の個人情報を照会するための書類を携帯電話会社などに提出。公用端末での不正照会を含め、知人女性計10人66件の個人情報を取得した。警部補は昨年11月、都内で酒気帯び運転による物損事故を起こし、その際に車内から不正照会した書類が発見。「女性の素性が知りたかった」などと説明しており、県警は23日付で4人3件の情報照会について虚偽有印公文書作成・同行使容疑でさいたま地検に書類送検した。

 川口署地域課の巡査、古谷綱祐(こうすけ)被告(34)=懲戒免職=は今月2日、宮代町内のアパートに住む知人女性方に侵入したとして住居侵入の現行犯で逮捕、現金約3万円などを盗んだとして同罪と窃盗罪で起訴された。古谷被告は「貢いだカネを返してもらうことや、嫌がらせの気持ちから現金を盗んだ」と供述。女性の住所は公用端末で不正に取得しており、県警は個人情報保護条例に抵触する疑いもあるとして捜査を進めている。

 浦和東署の男性警部(58)=停職6カ月、依願退職=は草加署や武南署に所属していた23年2月~26年3月、前任地の岩槻署で未処理だった窃盗事件の捜査書類47通を署外に持ち出した上、5事件6通の捜査書類の作成日などを偽って作成し、同署刑事課長に提出。県警は公用文書等毀棄と虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検した。

 布川賢二首席監察官は「県民の信頼を著しく損ねる行為であり極めて遺憾。再発防止に努める」とコメントしている。