産経ニュース

三重・名張出身の小野美公さん、歌とダンスで奨学金返済挑む

地方 地方

記事詳細

更新


三重・名張出身の小野美公さん、歌とダンスで奨学金返済挑む

 名張市出身の小野美公さん(24)が9人組の“借金返済ユニット”「ザ・マーガリンズ」のメンバーとしてデビューし23日に東京都内で初ライブに出演する。演出家のマッコイ斎藤さんが総監督を務めるオーディションを勝ち抜きユニットに参加を果たした小野さんは歌とダンスで大学の奨学金返済に挑む。

 小さいころに見たミュージカルをきっかけに、伊賀地域でダンスに親しんだ小野さん。大阪体育大に進学してからも大阪市内のダンス教室で磨きをかけ「ドリームズ・カム・トゥルー」のコンサートに参加するなど活躍。大学卒業後、「スマップ」のバックで踊るなど演技を磨きテレビ番組で「借金返済アイドルプロジェクト(仮)」として“借金をしている女性限定”のメンバーを募集していることを知り9月上旬に第1期メンバーの一員に選ばれた。

 ニックネームは「スーブー」で、17日にファーストシングル「グッバイ借金天国」を発売。出身もキャリアも年齢もさまざまなメンバーと一緒に練習に励み、絆を強めている。

 母親から送られた「遠慮は自滅」の言葉を座右の銘にしてきたという小野さんは「自分は環境や人に恵まれている」と話し、「名張に恥じないように頑張りますので、応援よろしくお願いします」と爽やかな笑顔を見せた。