産経ニュース

奈良・橿原神宮外拝殿前に大絵馬 「未」のんびり、平和な一年に

地方 地方

記事詳細

更新


奈良・橿原神宮外拝殿前に大絵馬 「未」のんびり、平和な一年に

 橿原神宮(橿原市)の外拝殿前に、恒例の来年の干支(えと)「未(ひつじ)」を描いた大絵馬が飾られた。一足早く迎春ムードが漂い、参拝者らが写真におさめている。

 高さ4・5メートル、幅5・4メートル。2頭の羊が描かれ、同市内在住の日本画家、藤本静宏(しずひろ)さんが制作した。「羊はおとなしい動物。来年が、のんびり過ごせる平和な一年になるようにという願いを込めました」とコメントしている。

 年賀状に載せる写真を撮るために訪れた田原本町の西村麗子さん(48)は「今年の午(うま)より色づかいがきれい。ほのぼのとした雰囲気が感じられるところがいいですね」と話している。来年11月末まで飾られる予定。