産経ニュース

【衆院選】福島5区で自民・吉野氏が公認候補に 異例の前日決着

地方 地方

記事詳細

更新

【衆院選】
福島5区で自民・吉野氏が公認候補に 異例の前日決着

 衆院選福島5区の自民公認候補が1日、吉野正芳氏(66)に決まった。坂本剛二氏(70)は比例に回る。同区をめぐっては両氏が立候補を表明。公認決定が公示前日まで長引いたことで、双方の準備不足など選挙戦への影響は必至だ。

 両氏は平成24年の前回衆院選でも公認を争い、坂本氏が小選挙区、吉野氏が比例中国に回った。吉野氏は福島3区、比例中国と2回続けて回った経緯から、5区出馬の意志は固かった。

 県連は対応を自民党本部に一任。党本部は「支部長(坂本氏)にこだわらず勝てる候補が前提」として調整を続けたが、11月25日の1次公認では発表を見送った。1日に両候補が上京。谷垣禎一幹事長らが調整をはかった。

 同区では民主の吉田泉氏(65)と共産の吉田英策氏(55)らが立候補する予定。