産経ニュース

「ウマいもん合戦」に茨城から「たこちま棒」など7社参戦

地方 地方

記事詳細

更新


「ウマいもん合戦」に茨城から「たこちま棒」など7社参戦

 一昨年、昨年と群馬県桐生市で開催された群馬、栃木両県のご当地グルメを集めたイベント「ウマいもん合戦」に、今年は茨城県も参戦する。上野(こうずけ)、下野(しもつけ)のグルメ対決に常陸も加わることで、三つどもえのバトルは激戦必至。戦いの火ぶたは15日に切って落とされる。

 イベントは、グルメや特産品を来場者に紹介することで、3県の参加市町村への誘客を図るのが目的。1回目の一昨年は4万5千人、2回目の昨年は8万人を集める人気イベントとなっている。

 今回、県内から出品するのは、県北地域で取れたサクラダコを使ったちまき「たこちま棒」(日立市)や茨城の銘柄豚肉「ローズポーク」を使ったベーコンやスペアリブ(筑西市)など7社のご当地グルメ。

 群馬県からは32団体・社が「焼きまんじゅう」や「上州太田焼そば」などを、栃木県からは13団体・社が「佐野らーめん」や「じゃがいも入り栃木やきそば」といった自慢のグルメを用意して迎え撃つ。

 ◆15、16日群馬で

 イベントは15、16日の午前10時~午後3時に、桐生市の市運動公園で開催(売り切れ次第終了)。一品の量を少なめにして価格も300円以下に設定し、来場者に各地のご当地グルメを数多く味わってもらう。ランキングは売り上げ金額で決定し、上位5団体・社を16日のイベントの最後に発表する。

 事務局を務める桐生市観光交流課は「過去2回のイベントは、群馬と栃木のグルメ対決として好評だった。今度は、北関東として何かできないかと考え、桐生市と交流のある日立市や高萩市などから参加してもらうことにした」と話す。

 ◆ご当地アイドル

 イベントには各県のご当地アイドルも参加してパフォーマンスを披露するほか、各地のマスコットキャラクターも駆け付けてイベントを盛り上げる。

 3県のイベントとして今回は最低でも昨年と同じ8万人の来場者を目指しており、10万人以上の来場者も視野に入れる。

 問い合わせは、桐生市観光交流課(電)0277・46・1111。