産経ニュース

岡山空港で税関職員に暴行、男を現行犯逮捕

地方 地方

記事詳細

更新


岡山空港で税関職員に暴行、男を現行犯逮捕

 岡山空港(岡山市北区)の出国時の手荷物検査で税関職員に暴行を加え、公務の執行を妨害したとして、岡山西署は1日、公務執行妨害容疑で兵庫県上郡町の建設業、本林宗興容疑者(50)を現行犯逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は1日午前10時10分ごろ、空港ターミナルビルで大韓航空ソウル便搭乗者の手荷物検査中、生肉を持ち出そうとして税関職員の男性(42)に制止された際、胸ぐらをつかむなど暴行を加えて公務の執行を妨害したとしている。

 同署によると、生肉の持ち出しは申請が必要。本林容疑者は「乗り遅れたらどうしてくれる」などと高圧的な態度で大声を出し、空港警備派出所の警察官1人が駆けつける騒ぎとなる中、職員に暴行を加えた。他の職員が110番通報し、岡山西署員が駆けつけて逮捕したという。

 同空港では先月17日に保安検査場で保安検査員の女性が首にボールペンを突きつけられる事件が発生したばかりで、県などが警備体制の強化を検討中だった。