産経ニュース

政務活動費、領収書まで公開 東京・小平市がHP上で

地方 地方

記事詳細

更新


政務活動費、領収書まで公開 東京・小平市がHP上で

 政治資金の不透明な支出が問題となる中、小平市議会は、個々の議員の政務活動費の支出に伴う領収書などについて、ホームページ(HP)上で公開を始めた。同議会事務局によると、領収書をHPで公開するのは多摩地区の26市中、三鷹市に次いで2市目という。

 今回は平成25年度分を対象とし、領収書だけでなく、領収書の出ない電車賃などの交通費は明細書を、セミナー・シンポジウムに参加した場合はその資料も公開するなど徹底した。

 同市議会は各会派に対し、所属議員1人当たり月額3万円の政務活動費を支給。今年6月から会派ごとの収支報告書をHPで公開してきた。しかし、議会基本条例に定めた「公正で透明性ある政務活動費の支出に努め、その使途を積極的に公開する」との趣旨に基づき、8月末に個々の市議の領収書まで公開することを決めた。