産経ニュース

兵庫県内初、古墳時代の「腰穴」確認

地方 地方

記事詳細

更新


兵庫県内初、古墳時代の「腰穴」確認

7号墳から出土した鏡など(県教委提供)

 新温泉町二日市の「浅谷下山古墳群」で、古墳の埋葬施設(木棺)の下から副葬品を納める腰穴などを確認し、県教委が発表した。古墳時代の腰穴の確認は県内で初めてという。

 同古墳群は岸田川に面した山の尾根にある。浜坂道路(国道178号)の整備に伴い、県教委が県まちづくり技術センターに委託し、5月から発掘調査を実施したところ、弥生時代後期末(3世紀後半)から古墳時代初め(4世紀前半)の墳墓・古墳を7基確認した。

 埋葬施設の木棺はすべて流失していたが、尾根上部の古墳時代の7号墳は、埋葬施設の下に副葬品を納める長円形の横穴(長さ80センチ、幅45センチ、深さ15センチ)があり、「珠文鏡」と呼ばれる銅鏡1面(直径7センチ)、竪櫛の一部、碧玉製の小玉、土師器(はじき)の高杯などが埋葬されていた。

 腰穴のある埋葬方法は中国、韓国にある風習で、国内では弥生時代にみられたが、その後途絶えた。7号墳は古墳時代に復活したことになるという。

 同センター埋蔵文化財調査部の渡辺昇・副課長は「腰穴は県内では弥生時代の尼崎市の遺跡で確認されているが、古墳時代の腰穴は県内で初めてとなり、身分の高い人が埋葬された可能性がある」と話している。

 一般向けの説明会は、25日午後1時半から2時半まで、新温泉町の山陰海岸ジオパーク館で行う。