産経ニュース

「京町セイカ」踊らせよう 京都・精華町が3Dモデル制作

地方 地方

記事詳細

更新


「京町セイカ」踊らせよう 京都・精華町が3Dモデル制作

 精華町は同町の広報キャラクター「京町セイカ」を、音楽に合わせて踊らせることができる三次元(3D)モデルを制作した。無料でダウンロードできるソフトを使って京町セイカのダンスパフォーマンスを映像で楽しむことができる。

 京町セイカは昨年7月5日に“誕生”。もともと漫画作成ソフトに対応した3Dデータとして制作されたが、これまでは漫画やイラスト作成など、二次元での表現に限られていた。

 立体的な動画に対応した3Dモデルの京町セイカは、町が3DCGデザイナー「ISAO氏」に「少し大人びた表情で」と依頼し制作された。音楽ファイルを解析し自動的に3Dモデルを踊らせることができるソフト「キャラミんOMP(おんぷ)」で動画が楽しめる。町のホームページから利用できる。

 町では「動画を使って町の施策や情報発信に活用していきたい」としている。問い合わせは、同町企画調整課(電)0774・95・1900まで。(中村宏二)