産経ニュース

イオンモール木更津、18日オープン 南房総の魅力発信 千葉   

地方 地方

記事詳細

更新


イオンモール木更津、18日オープン 南房総の魅力発信 千葉   

 イオンモール(本社・千葉市美浜区)による国内最大級の商業施設「イオンモール木更津」が、18日に木更津市築地にグランドオープンするのを前にした14日、報道関係者向けの内覧会が行われた。同社広報によると、年間集客数の目標は1200万人で、アクアラインに近い立地を生かし、南房総の魅力を発信する観光案内所としての役割も果たしたいという。「港町の木更津らしく、南房総を訪れるお客さまの玄関口にしたい」と期待を寄せる。

 ◆目標は1200万人

 1階のレストラン街はレトロな港町をイメージしたれんが造り風で、2階のフードコート「FOOD HARBOR」は同市の姉妹都市オーシャンサイド市(米国)をモチーフとしたリゾート地風になっている。また、1階中央部にいかりのモニュメントが設置されるなど、海辺の雰囲気を意識した内装が随所にうかがえる。

 敷地面積は約28万3500平方メートルで、東京ドーム約6個分。約160店舗が出店する。同市初のシネマコンプレックス(複合映画館)「USシネマ木更津」は、最新技術を取り入れた体感型シアター「4DX」が目玉。映画の内容に合わせて座席が動き、風や水が飛び出すなど、五感を駆使して臨場感満載の映画を観賞できる。

 ◆レース場にBBQ

 屋外のレジャーゾーンには、全長約410メートルの本格的なレース場「木更津サーキット」が全国初出店。ゴーカート感覚で気軽に運転できるレーシングカートが楽しめる。また、元Jリーガーで現在はタイのリーグで活躍するカレン・ロバート選手がプロデュースする「ローヴァーズフットサルスタジアム」や、木更津名物の潮干狩りなどで採った海鮮を持ち込める「デジキューBBQ CAFE」も登場する。