産経ニュース

台風18号、ソバ、大豆など農業被害2億7860万円 茨城

地方 地方

記事詳細

更新


台風18号、ソバ、大豆など農業被害2億7860万円 茨城

 6日に列島を通過した台風18号の影響で、県内の農業に推定約2億7860万円の被害があったことが県の調査で分かった。

 県農業経営課によると、農作物の被害額は推定約2億1700万円。最も影響が大きかった作物は収穫期のソバで、大雨による畑の冠水などで筑西市や石岡市、下妻市などで約1億1100万円の被害が出たほか、大豆が約3200万円、ハクサイが約2600万円の被害を受けた。

 また、笠間市で地盤の崩落により、鶏舎の受電設備が壊れるなどして約100万円の被害が出るなど農業関連施設の被害額は約1300万円。

 このほか、林業関連に約4700万円、水産関連に約150万円の被害があった。