産経ニュース

女性の復職支援シンポ 茨城県ひたちなかで開催「環境整備が必要」

地方 地方

記事詳細

更新


女性の復職支援シンポ 茨城県ひたちなかで開催「環境整備が必要」

 “働くママ”の復職支援を県内企業の業績アップにつなげようと、県は企業の管理職や人事担当者などを対象とした復職支援シンポジウム「どう支える?どう活(い)かす?働くママinひたちなか」を開催した。

 7日に行われたシンポジウムは、県の委託を受けたつくば市のNPO法人「子連れスタイル推進協会」(光畑由佳代表理事)が企画。企業関係者のほか、育休中の女性も子連れで参加し、会場は約100人で満員となった。

 女性の活躍推進に取り組む企業の実例紹介の後、昭和女子大客員教授の山極(やまぎわ)清子さんが「女性を活かす企業戦略」と題して講演。日本における働く女性の現状や企業の意識調査などのデータを示し、「企業が国際競争力を持つためには、女性の活躍は不可欠。家庭内の家事・育児の分担や育休前後の職場のサポートなどの環境を整備していく必要がある」と訴えた。