産経ニュース

埼玉県議会検討協 区割り・定数一本化できず 選挙区に市町村名併記

地方 地方

記事詳細

更新


埼玉県議会検討協 区割り・定数一本化できず 選挙区に市町村名併記

 来春の県議選に向けた「県議会議員定数・選挙区等検討協議会」の第4回会合が3日開かれ、選挙区の名称に市町村名を含めることで各会派が一致したものの、区割りや定数については一本化できないまま協議を終えた。今後、最大会派の自民などが会派間調整を行い、9月定例会に条例案を提出する見通し。

 この日の会合では各選挙区の名称が議論され、現行の「南1区」などに市町村名を加え、「南1区 草加市」などとすることを了承した。名称をめぐっては自民、公明、共産が現行表記を主張。民主・無所属、刷新が市町村名表記を提案しており、双方が歩み寄りを見せた。

 区割りや定数についての議論は平行線のままで終わり、長峰宏芳議長に提出された最終報告書には、各会派がこれまでに提案した区割り・定数案が併記された。議員定数(現行94)の各会派案は、自民94▽民主90▽公明91▽刷新86▽共産94。