産経ニュース

城里町長に上遠野氏 36歳、茨城県内首長で最年少

地方 地方

記事詳細

更新


城里町長に上遠野氏 36歳、茨城県内首長で最年少

 阿久津藤男前町長の辞職に伴う城里町長選は21日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属新人で元IT会社員の上遠野修氏(36)が同じく無所属新人で元県議の石川多聞氏(71)を破り、初当選を果たした。36歳は県内44市町村の首長で現役最年少。当日有権者数は1万7819人で、投票率は63・75%(前回64・48%)だった。

 上遠野氏は選挙戦で、若さと活力を前面に打ち出して町のイメージアップを主張。トップセールスによる企業誘致や透明な行政を訴え、町議6人の支援も受けて急速に支持を広げた。

 この日午後8時半ごろ、同町石塚の選挙事務所に「当選確実」の一報が入ると、支持者から歓声が上がった。上遠野氏は「町民の城里町を変えたいという強い願いがもたらした勝利。町民と協力してよい町をつくっていきたい」と抱負を語った。

                   ◇

 ◇城里町長選

 開票終了

 当 7312 上遠野 修 無新

   3937 石川 多聞 無新

                   ◇

 上遠野修(かとうの・おさむ) 36〔1〕

 元IT会社員(衆院議員秘書・建設会社員)東大経済