産経ニュース

富士スバルラインの利用台数45%減少

地方 地方

記事詳細

更新


富士スバルラインの利用台数45%減少

 県は2日、富士山5合目に通じる山梨県側有料道路「富士スバルライン」の7、8月の利用台数が前年同期比45%減の3万5147台だったと発表した。夏季の渋滞緩和策として毎年実施している、通行車両を限定したマイカー規制を、昨夏の31日間から今夏は53日間に拡大したことで利用台数減となった。

 マイカー規制では通行可能車両をバス、タクシー、指定・許可車、身体障害者乗車車両などに限定。今夏は7月10日から8月31日まで連続実施した。