産経ニュース

「水戸ご当地アイドル(仮)」が新曲と衣装を披露 8月に都内のイベントへ 

地方 地方

記事詳細

更新


「水戸ご当地アイドル(仮)」が新曲と衣装を披露 8月に都内のイベントへ 

 水戸市の「水戸ご当地アイドル(仮)」が8月2、3日、東京・台場で開催される「TOKYO IDOL FESTIVAL 2014」(TIF)に出場することになり、新曲と新しい衣装を披露した。

 TIFにはメジャーなアイドルも含め、全国から136組が参加予定で、水戸ご当地アイドル(仮)が参加するのは初めて。昨年は、約3万3千人のファンを動員したという。

 この日発表した新曲は「梅」と「想(そう)」の2曲で、水戸ご当地アイドル(仮)としては10曲目と11曲目。いずれも大洗町出身のミュージシャン、ゆよゆっぺさんが作詞と作曲を担当し、笠間市出身の津軽三味線奏者、川島志及舞(しのぶ)さんが演奏協力した。「梅」は軽快なテンポの曲調で、「想」は女の子の恋心を歌った。

 衣装は、国内外で「ローリーズファーム」や「グローバルワーク」など14ブランドを展開する「POINT」(東京都千代田区)が提供した。

 25日に県庁で行われた記者会見に、「幕末の戦う女をイメージした」という赤と黒を基調とした衣装で登場したメンバーのさゆみんさん(21)は、「結成から2年、メンバーも半分が変わって、ここからが新しいスタート。新しい衣装と新曲で頑張るぞ」と気合を入れていた。

 水戸ご当地アイドル(仮)は8月2日、水戸黄門まつりのイベントにも参加。新曲のCDは8月上旬から、県内の川又書店、ブックエース、ワンダーグーなどで販売する。