産経ニュース

“悪役”八名さんが納税PR 愛媛滞納整理機構のCMに

地方 地方

記事詳細

更新


“悪役”八名さんが納税PR 愛媛滞納整理機構のCMに

 地方税の滞納縮減に取り組んでいる「愛媛地方税滞納整理機構」(管理者、野志克仁・松山市長)がテレビのスポットCMに起用する俳優の八名信夫さんが、愛媛県庁で会見。「自分たちの地域を支える税金を納めないのは財産を捨てるのと同じでもったいない」と正しい納税を訴えた。

 スポットCMは、八名さんをイメージしたキャラクターが本人のせりふで地方税を滞納しないように呼びかける動画を採用。21日から県内の民放4局で放送される予定。CMに合わせた啓発用ポスターも作製され、計600枚が県内各市町の窓口などに掲示される。

 八名さんは悪役俳優でつくる劇団「悪役商会」のリーダーで、こわもて俳優として知られる。内子町の劇場「内子座」で悪役商会のミュージカルを披露するなど、愛媛とのつながりも深い。八名さんは「住みよい愛媛の街には税金が必要。『悪役』の私だが、少しでもお役に立てれば」と話した。

 同機構によると、平成24年度の県内市町民税の課税額は全体で約1873億円。徴収率は94・8%で、滞納繰越額は約97億円に上り、徴収できたのは約25億円だったという。