産経ニュース

2020年東京五輪までに犬や猫の殺処分ゼロへ 著名人らキャンペーン

地方 地方

記事詳細

更新


2020年東京五輪までに犬や猫の殺処分ゼロへ 著名人らキャンペーン

 2020年東京五輪までに都内の犬や猫の殺処分件数をゼロにすることを目指す「TOKYO ZERO キャンペーン」が立ち上がり、呼びかけ人の女優、浅田美代子さん(58)らが13日、都庁で発足会見を開き、賛同を呼びかけた。近くNPO法人を設立、活動を本格化させる。

 キャンペーンには芸能、文化、運動など多くの分野から著名人37人が名を連ねた。会見には、浅田さんのほか服部栄養専門学校理事長の服部幸應(ゆきお)さん(68)ら17人がシンボルバッジを付けて参加した。

 都によると、平成24年度の都の殺処分件数は計2087匹。うち犬は160匹、猫が1921匹。

 キャンペーンでは、ペットショップの販売規制強化や捨てられた犬や猫の長期保護施設設置などを求め、署名活動をはじめとするさまざまな活動を進めていく予定。浅田さんは記者会見で「人間の勝手で殺していい命なんてあるはずがない。五輪に向けて殺処分ゼロを頑張って伝えていきたい」。代表理事を務める料理研究家の藤野真紀子さん(64)は「2020年には『命を大事にする日本、東京』と堂々と世界の人に言いたい」と話した。